効果的なネズミ駆除の方法について

subpage-img

ネズミ駆除の難しさは、封鎖が必要な侵入経路が複数存在するのが一般的という点にあります。



古い住宅などでは複数の侵入経路が存在する場合があり、全てを封鎖しないと再び侵入されてしまいます。そのような事態に陥るのを防ぐために徹底した侵入経路の封鎖が必要ですが、屋根裏など作業が難しい場合も存在します。

朝日新聞デジタルのいろいろな情報を集めました。

普段はサラリーマンなどをしていて時間や体力に余裕がない場合には、専門の駆除業者に依頼するのが合理的です。一方侵入経路が少数であれば、個人で対応することもできます。

個人で駆除作業を行う場合にも、まず家の中の侵入経路を全て把握する必要があります。
1か所でも見落としていると、再び侵入される可能性があるため注意が求められます。侵入経路を封鎖する前に超音波発生装置や煙などで一定数の個体を追い出すと後の捕獲作業などが楽にできます。

室内で煙を焚くのが難しい場合に、超音波発生装置は有効です。


ホームセンターや通販サイトなどでは手頃な価格で市販されています。

また侵入経路の封鎖後には粘着シートや罠を設置して捕獲作業を行いますが、粘着シートなども一般的に市販されているものを使用します。



追い出しと侵入経路の封鎖、捕獲作業を行った後でも一定数のネズミが残っているのが通常です。

残ったネズミを全て駆除するためには数か月にわたって毒エサを設置する必要があります。


専門業者に依頼すれば駆除作業によってほぼ全てのネズミを退治できますが、一定期間のアフターケアが行われるのが一般的です。

top